陳述書

陳述書

自己破産の家計表における「繰越金」の計算方法と書き方

自己破産の申立書には家計表(裁判所の様式によっては”家計収支表”)を作成して添付しなければなりません。 この家計表には、自己破産の申立書を裁判所に提出する1か月前(裁判所によっては2か月前)の、収入と支出の内訳を正確に記載することが必...
陳述書

陳述書の作成手順(17)不利益な条件での債務負担の記載方法

自己破産の申立書は各裁判所によってその様式に若干の違いがありますが、申立書によっては「破産手続の開始を遅延させる目的で、著しく不利益な条件で債務を負担」したことを記載する欄が設けられているものがあります。 そこで、ここでは「破産手続の...
陳述書

陳述書の作成手順(16)支払不能の時期などの欄の記載方法

自己破産申立書の陳述書には、「支払い不能に陥った時期」や「自己破産を申し立てることを決意した時期」を記載する欄がある場合があります。 「支払い不能に陥った時期」や「自己破産を申し立てることを決意した時期」は、その自己破産の申し立てに至...
陳述書

陳述書の作成手順(15)裁量免責事由を申告する欄の記載方法

自己破産の手続は最終的に免責(借金の返済の免除を認めてもらうこと)を得るのが目的ですが、免責不許可事由(これをやると借金の免除が得られなくなるという事由)があると基本的に免責が不許可となってしまい借金の返済義務が免除されなくなります。 ...
陳述書

陳述書の作成手順(14)過去7年以内の破産申立の欄の記載方法

自己破産や民事再生などの申し立てが認められると、以降7年間は自己破産の申し立てを行うことが出来ません。 したがって、自己破産の申立書には「7年以内に自己破産や個人再生の申し立てを行ったことがあるか」を記載する欄が設けられています。 ...
名義借り・名義貸し

陳述書の作成手順(13)詐術による借入の欄の記載方法

ウソをついたり相手をだましてお金を借りることは道徳的にも問題はありますが、自己破産の手続きにおいても当然問題になってきます。 自己破産の申し立てをする前に、誰かにウソをついてお金を借りていたりした場合には「詐術」による借入として自己破...
陳述書

陳述書の作成手順(12)一部の債権者への返済の欄の記載方法

自己破産の手続きにおいては、一部の債権者を特別扱いすることを禁じられています。 全ての債権者は平等に扱わなければならないので、一部の債権者にだけ返済するという行為は法律で禁じられており、もしこの法律に反してこれをやってしまうと自己破産...
陳述書

陳述書の作成手順(11)財産の不利益処分の記載方法

自己破産をするに至っては、自分の財産を勝手に処分することは禁じられています。 なぜなら、自分の財産は自己破産の申し立てが行われれば基本的に裁判所によって取り上げられて売却されたお金が債権者に分配されることになるからです。 債権者...
陳述書

陳述書の作成手順(10)浪費等の欄の具体的な記載例

自己破産申立書の陳述書に記載しなければならない「浪費等」の具体的な内容や、その記載する欄の書き方については、次のページでレポートしてきました。 ≫ 自己破産の「浪費」とは具体的に何のことを言うの? ≫ 陳述書の作成手順(9)浪費...
陳述書

陳述書の作成手順(9)浪費等の有無の欄の記載方法

自己破産申立書の陳述書(報告書)には、浪費などがあったかなかったかを記載する欄があります。 浪費などを記載する欄には、どのようなものにお金を使ったかを個別具体的に記載する必要がありますが、初めて書くときには何が「浪費」にあたるのか、ま...
タイトルとURLをコピーしました