管財事件・破産管財人

管財事件・破産管財人

破産管財人が選任されると何がどうなるの?

自己破産の申立を行うと、その案件によっては裁判所から破産管財人が選任され、破産管財人によって様々な調査がなされることがあります。 破産管財人とは、裁判所に備え付けられてある「破産管財人名簿」に記載される人(ほとんどは弁護士)のこと言い...
管財事件・破産管財人

自己破産で管財人費用(予納金)を支払えない場合はどうなるの?

自己破産の申し立てを行うと、裁判所はその自己破産の案件を「同時廃止型」の事件と「破産管財型」事件のどちらかに振り分けることになります。 「同時廃止型」として処理される自己破産の申し立ては裁判所が簡単な調査をするだけで免責(借金の返済が...
管財事件・破産管財人

自由財産の拡張の方法 – 自由財産拡張申立書と上申書の記載例

自由財産とは、自己破産の申立をしても裁判所に取り上げられることのない自由に処分できる財産のことをいいます。 この自由財産は、自由財産と自由財産の拡張制度とはのページでもご紹介したとおり、①自己破産の開始決定後に取得する財産、②99万円...
管財事件・破産管財人

同時廃止と破産管財事件 – 破産管財人が選任される場合とは?

自己破産の手続きは、大きく分けて「同時廃止型」と「破産管財型」の2つに分かれます。 破産管財人が選任されず簡単な手続きで自己破産が終了するのが「同時廃止型」であり、破産管財人が選任されて細かく調査されるのが「破産管財型」の自己破産手続...
管財事件・破産管財人

自由財産と自由財産の拡張制度とは

自己破産の申し立てを行うと、原則としてすべての財産が裁判所に取り上げられて売却され、そのお金が債権者に分配されることになります。 しかし、自己破産は借金が返せなくなった人に懲罰を加えるためのものではなく、借金で生活が破たんしてしまった...
タイトルとURLをコピーしました