「自己破産は絶対にしたくない!」という人がとるべき最善の方法

借金問題で悩んでいる人の中には「絶対に自己破産だけはしたくない」と思っている人も多くいることと思います。

実際、私が過去に借金の相談をした人の中にも「絶対に自己破産はしたくありません」と言い張る人は多くいました。

しかし、たとえ自分では「自己破産したくない」と決意していたとしても、自分が返済できないほどの借金を抱えてしまった場合には、最終的に自己破産を選択することを回避することはできないでしょう。

もちろん、借金の整理の中には個人再生という手続きもありますから自己破産せずに個人再生で処理することも可能です。

しかし、個人再生であっても最低100万円を3年間で返済をしなければなりませんから、毎月28,000円ほどの金額を返済に回せないような人は、自己破産で処理するしかないのです。

≫ 自己破産を選択する基準は?

弁護士や司法書士から「あなたの場合は自己破産でしか解決できませんよ」と告知されると

「先生、そんなこと言わないで何とか助けてください!」

と涙ながらに哀願する人は多くいますが、弁護士や司法書士も魔法使いではないので、できないものはできません。

最低でも毎月28,000円以上の返済ができなければ、自己破産を回避することはできないのです。

「どうしても自己破産したくない」という人が自己破産を回避できる唯一の方法

もっとも、「どうしても自己破産したくない」という人でも、ひとつだけ自己破産を回避する方法があります。

それは、収入を上げることです。

毎月の収入が増加すれば、その分返済に回すことができますから自己破産を回避することは可能です。

例えば、借金が180万円ある人の月収が20万円で生活費が毎月20万円必要だとしましょう。

この人の場合、毎月の家計から出る余剰金は0円で返済に回すお金がありませんから「支払不能」ということができ、借金の整理をするためには自己破産しか方法がありません。

しかし、副業として毎月10万円のアルバイトを始めたとすると話は違ってきます。

毎月10万円の副収入があるならば、毎月の余剰金が10万円発生するということになりますから、その10万円を返済に回すことが可能となります。

そうすると、その余剰金の半分に当たる5万円を返済に回したとしても180万円の借金であれば3年で完済することができるますので、自己破産ではなく任意整理や特定調停の手続きで借金を整理することもできるでしょう。

このように、きわめて単純な話ですが、収入を増やすことができれば返済できないような借金でも返済することができるようになります。

もちろん、毎月10万円の副収入を得られるようなアルバイトをするとなると、時給800円と考えても1日最低4~5時間働かなければなりませんから、肉体的にも精神的にも相当なストレスがかかると思います。

しかし、自己破産しなければないような借金を無理やり返済しようと思ったら、それぐらいの辛抱は覚悟しなければなりません。

何かを得るためには何かを失うのは自然の摂理ですから。

 

私の場合は・・・

「そんな簡単に仕事を掛け持ちして働くなんてことできるわけねーだろ!」

と思うかもしれませんが、毎月10万円の副業をすることは実際にはそんなに難しいことではありません。

私も以前、資格をとるためにカツカツの生活をしていたことがあり、試験に合格した時には資格試験の予備校のローンが約100万円、年金と健康保険の滞納分が約150万円の合わせて250万円ほどの負債を抱えてしまったことがあります。

資格を取ると通常は適当な事務所に就職して実務を覚えることになるのですが、一般的な事務所では15万円程度の初任給しかもらえませんので、この250万の負債を返済するにはアルバイトを掛け持ちするしか方法がありませんでした。

そこで私は、仕事を3つ掛け持ちして、とりあえずこの250万円を返済してしまうことにしました。

仕事は、月曜から土曜の午前中はビルの清掃の仕事を5時間、午後からは運送業者の倉庫で仕分け作業を8時間、日祝は別のビルで清掃の仕事を8時間、いずれも時給900円のアルバイトです。

これだけ働くと、アルバイトでも毎月35万円ほどの収入になりますので、生活費を毎月10万円程度に抑えれば毎月25万円を返済に回すことができます。

実際、私もこのようなアルバイトを1年ほど続けた結果、250万円の負債も10か月ほどで完済することができ、30万円ほどの貯金も作ることができました。

もちろん、その後めでたく某事務所に就職できたことはいうまでもありません。

別に自分の苦労話を語るつもりはありませんが、これぐらい働けばアルバイトでも200万~300万円程度の借金は1年ほどで完済することが可能です。

なので、自己破産しなければならないような借金を作ってしまったのに「どうしても自己破産したくない!」と無理な希望を抱いているような人は、弁護士や司法書士に「先生、どうにか助けてくださいよ!!」と無理な相談をする前に、仕事を掛け持ちするなりして収入を上げることも考えなければならないのではないかな、と思います。

 


タイトルとURLをコピーしました