自己破産すると住宅ローンは組めなくなるの?

「自己破産をしてしまうと、住宅ローンが組めなくなるのではないか?」という心配をしている人は以外に多いのではないかと思います。

住宅ローンが組めなくなると結婚や人生設計に大きな狂いが生じてくることもあり得る話です。

そのため、たとえ借金の返済が厳しくなった場合であっても「自己破産の後に住宅ローンが組めなくなるのは困る」という理由でなかなか自己破産に踏み切ることができないという人もいるのが現状ではないかと思います。

しかし、本当にいったん自己破産をしてしまうと住宅ローンは組めなくなってしまうものなのでしょうか?

自己破産をしても住宅ローンを組むことはできる

結論からいうと、自己破産をした場合であっても一定の期間が経過すれば住宅ローンを組むことは可能です。

自己破産をすると、信用情報機関というところに「○○という人が自己破産をした」という情報が登録されることになります。

これは、ローン会社などが自己破産をしたことがあるような「借金を踏み倒す人」に、安易にお金を貸すことで損失を被ることを防ぐためです。

顧客から住宅ローンなどローンの申請があったローン会社(銀行など)は、その信用情報機関に対し、住宅ローンの申し込みをした顧客の過去の借金の返済状況などを照会することができます。

当然、信用情報機関に照会をして過去に自己破産をしたという「事故情報」のあることが判明すれば、ローン会社はローンの申請を却下することになります。

なぜなら、過去に自己破産や返済の延滞のあった人にお金を貸してしまうのは、リスクが大きいからです。

そのため、その事故情報の登録期間中は住宅ローンや新たな借り入れをしようと思っても審査に通らない、ということになります。

この信用情報機関における自己破産の事故情報としての登録期間は「5年」とされていますから、自己破産の後最低5年間は住宅ローンは組めないということになるのです。

 

もっとも、信用情報機関に登録される事故情報は、登録期間を経過すれば削除されますから、その登録期間が経過した後はローン会社が信用情報機関に照会を行っても事故情報は確認できないことになります。

そのため、たとえ過去に自己破産をしたことがあったとしても、信用情報機関の登録期間である5年を経過した後は住宅ローンの審査は通るということになります。

 

注意しなければならないのは、信用情報機関に登録された事故情報が登録期間の経過した後直ちに削除されるわけではないという点です。

信用情報機関に登録された事故情報は、その登録期間が経過した後は順次削除されるのが通常ですが、削除されるまでにタイムラグがありますし、何らかの手違いで削除されることなく残ってしまうこともあります。

そのような場合は、登録機関が経過した後も事故情報が登録され続けてしまうので、いくら期間が経過してもローンの審査が跳ねられてしまうということになってしまうおそれがあります。

そのため、自己破産をした後5年を経過したのにローンの審査が通らないという場合には、信用情報機関に問い合わせをして事故情報が誤って登録され続けていないか確認するようにした方が良いでしょう。

もし仮に誤って事故情報が削除されている場合は、信用情報機関に削除の申請を行ってから事故情報を削除してもらうようにしてください。

※なお、この「自己破産をしたときから5年」というのは、「自己破産の手続きが終了した日から5年」という意味です。

自己破産の手続きが終了するのは「免責許可決定」が「確定した日」であり、免責許可決定が確定するのは「免責許可決定の出された日から1か月経過した日」となります。

そのため「自己破産の手続きが終了した日から5年」というのは、「自己破産の免責許可決定が出された日の1か月経過した日から5年が経過した日」ということになります。

「免責許可決定」の出された日付は、自己破産の手続き後に裁判所から発行される「免責許可決定」という通知書に記載されていますので、その「免責許可決定の通知書に記載された日付から1か月経過した日から数えて5年を経過した日」が「自己破産の手続きが終了した日から5年後」ということになります。

 

なお、信用情報機関は「銀行系」「消費者金融系」「ローン・信販会社系」でそれぞれ異なっており、過去に自己破産した借金がどの金融機関で借りたものであるかによって信用情報機関も異なってくるので注意してください。

例えば、過去に自己破産をしたときに「消費者金融」からしかお金を借りていなかった場合には「消費者金融系」の信用情報機関にしか事故情報は登録されませんが、過去に自己破産した際に、「銀行系」「消費者金融系」「ローン・信販会社系」の全てからお金を借りていた場合には、「銀行系」「消費者金融系」「ローン・信販会社系」の3つの信用情報機関に事故情報が登録されることになりますので注意が必要です。

 

最後に、信用情報機関の連絡先を下にリンクしておきましたので、気になる方は自分の情報が登録されていないか確認してみるのもよいでしょう。

銀行や農協、信用組合などからの借金の事故情報全国銀行協会
消費者金融・サラ金などからの借金の事故情報日本信用情報機構(JICC)
ローンや割賦販売などからの借金の事故情報指定信用情報機関のCIC

 

なお、過去に自己破産をした人が車のローンを組むことができるかという問題も、上記と同じようなことが言えます。

≫ 自己破産した後に車のローンは組める?

 


タイトルとURLをコピーしました