自己破産した後に車のローンは組める?

自己破産するうえで気になるのは、「自己破産をすると車のローンが組めなくなるのではないか?」という点ではないでしょうか?

「自己破産をしたらブラックリストに載ってしまう!」

という話は昔からよく聞きますが、本当にそのようなブラックリストがあって、二度とローンが組めなくなったりするものなのでしょうか?

答えは○です。

自己破産をしても、ローンを組んだりすることは可能です。

もちろん、これは車のローンだけに限った話だけではなく、住宅ローンであろうが教育ローンであろうが、はたまたブランド物のバッグであろうが、自己破産をした後であってもローンを組むことは可能です。

自己破産の手続きが終了して5年を経過すればローンを組むことができる

ただし、自己破産をした後にすぐローンを組めるというわけではありません。

自己破産をした後、5年が経過しないと新しいローンを組むことは基本的にできないと考えてください。

なぜなら、自己破産の手続きが終了した後5年間は、信用情報機関に「事故情報」として自己破産していることが登録されてしまうからです。

自己破産を行うと、信用情報機関というところに「この人は自己破産しましたよ」という情報(事故情報)が登録されることになります。

ちなみに、自己破産の登録期間は5年間です。

信用情報機関に自己情報が登録されるのは、ローン会社などが自己破産をしたことがあるような「借金を踏み倒す人」に、安易にお金を貸すことで損失を被ることを防ぐためです。

顧客から自動車ローンなどローンの申請があったローン会社は、その信用情報機関に申し込みのあった顧客の過去の借金の返済状況などを照会することができます。

当然、信用情報機関に照会をして「事故情報」のあることが判明すれば、ローン会社はローンの申請を却下することになりますから、その事故情報の登録期間中は新たな借り入れやローンを組むことはできないということになります。

このように、信用情報機関への登録期間となっている5年間は新しく自動車ローンを組むことはできませんが、自己破産の終了時から5年を経過すれば新たな借り入れやローンを組むことも可能となります。

ただし、ここで気を付けて貰いたいのは、この信用情報機関の登録期間が切れるのは、あくまでも自己破産の手続きが「終了した時」から5年後という点です。

この「自己破産の手続きが終了したとき時」とは、「自己破産の免責許可決定が確定した日」のことであり、「自己破産の申立をした日」でも「弁護士や司法書士の仕事が終了した日」でもありませんので注意が必要です。

自己破産の免責が裁判所から出されると、裁判所から「免責許可決定」と記載された書類が発行されます。

この免責許可決定の書面にはその免責許可決定が裁判所から出された日付が記載してありますが、その免責許可決定が「確定」するのはその免責許可決定が出された日から1か月後となります。

そのため、信用情報機関に登録された事故情報が抹消されるのは、その免責許可決定の通知書に記載されている日付の1か月後の日から5年が経過した日ということになりますので誤解のないようにしてください。

 

なお、信用情報機関は登録機関が経過すれば直ちに登録されている事故情報を抹消するというわけではありません。

登録期間が経過してから登録情報が抹消されるまである程度のタイムラグがあるのが通常ですし、何らかの都合で抹消されずに誤って登録が残され続ける事例も存在します。

そのため、もしも登録機関が経過しているはずなのにローンの審査が下りないという場合は、登録された事故情報が誤って削除されていないということも考えられます。

そのような場合には、信用情報機関に問い合わせをして確認し、もしも登録が残されているようであれば抹消の申請を行って登録を削除してもらうことが必要となるでしょう。

なお、信用情報機関は、登録される借り入れの種類が、銀行などの借り入れの場合と、消費者金融などの場合、ローンなどの場合でことなっていますので、その登録されている情報にかかる信用情報機関に問い合わせをする必要があります。

銀行や農協、信用組合などからの借金の事故情報全国銀行協会
消費者金融・サラ金などからの借金の事故情報日本信用情報機構(JICC)
ローンや割賦販売などからの借金の事故情報指定信用情報機関のCIC

以上のように、自己破産の手続きを行っても、自己破産の手続きが終了して5年を経過すれば、新しくローンを組むことは可能です。

しかし、それはあくまでも「ローンを組むことができる」ということにすぎません。

一度自己破産をした人は、その自己破産をするに至った経緯に何らかの原因があったはずです。

その真の原因が何であったかわからず、その改善がなされないまま新たな借り入れを行っても、また同じ過ちを繰り返してしまうだけですので、たとえローンの審査が下りたとしても、安易なローンの利用はできるだけ控えるべきではないかと思います。

※前回の自己破産から5年以上経過し信用情報機関の情報も抹消されているのにローンが組めない?

まれに「前回の自己破産から5年が経過して、信用情報機関で事故情報の抹消の手続きも行ったのにローンの審査が通りません」と質問する人がいますが、このような人がローンの審査で落とされるのは前回の自己破産が問題なのではなく、単にローンの審査が通らないだけではないかと思います。

消費者金融などの借金問題が社会問題化したことによって現在では総量規制など貸付の審査が厳しくなっていますから、以前ほど簡単にローンを組むことはできません。

なので、「自己破産してから5年以上経って信用情報機関の登録も抹消されたはずなのにローンの審査が通らないという人」と悩んでいる人は、そもそも総量規制などの貸付条件を満たしていないから審査に通らないということを自覚して、仕事を掛け持ちして収入を増やすか、ローンを組むこと自体あきらめるかのどちらかしかないのではないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました