ヤミ金が利用している口座が凍結されているか確認する方法

ヤミ金は犯罪行為を行っている犯罪者集団ですので、出資法の上限金利を著しく上回る高い利息で貸付を行っているヤミ金に対しては利息のみならず借金元本も返済する必要はありません。

そのため、ヤミ金に返済した借金の元利金は、全てヤミ金から返してもらうことが法律的には可能です。

しかし、法律的には可能であっても、ヤミ金は所在が不明な場合がほとんどですから、ヤミ金からお金を取り返すことは事実上は不可能と言えます。

そんな時に利用したいのが、振り込め詐欺救済法に基づく被害回復分配金の支払手続です。

振り込め詐欺救済法は、振り込め詐欺やヤミ金の被害者に対して行う被害回復分配金の支払手続などを定めた法律で、振り込め詐欺やヤミ金の被害にあった(振り込め詐欺やヤミ金グループにお金を支払った)人が、振り込め詐欺やヤミ金グループが使用する銀行口座を凍結し、その口座からお金を取りかえす手続きが定められています。

この被害回復分配金の支払手続は、弁護士や司法書士に依頼しなくとも、自分で申請から分配金の受け取りまで比較的簡単に行うことが可能です。

もっとも、この振り込め詐欺救済法に基づく被害回復分配金の支払手続を進めるには、そのヤミ金が使用している銀行口座(預金口座)が現時点でどのような状況になっているのか、言い換えれば、その預金口座が凍結されているのかいないのかを確認する作業から始めていく必要があります。

そこで今回は、ヤミ金や振り込め詐欺グループが使用している預金口座が凍結されているのかいないのか確認する方法について解説していくことにいたしましょう。

ヤミ金の使用している口座が凍結されているか確認する方法

ヤミ金や振り込め詐欺の犯罪グループが使用している銀行の預金口座は、犯罪行為に使用されていることが判明すると、その被害者の申立や銀行独自の判断によって凍結(口座の入出金をできなくすること・強制解約)させられることがあります。

そのため、自分が取引したヤミ金の利用する預金口座も、場合によってはすでに凍結されている可能性があります。

この、預金口座が凍結されているかどうかは、インターネット上で公開されており、誰でも簡単に調べることができますので、まずはヤミ金の口座が現状でどうなっているか確認してみましょう。

1 預金保険機構のサイトにアクセスする

まず、預金保険機構のサイトにアクセスしてください。

※預金保険機構とは預金者の保護と金融システムの安定のために作られた国の機関で、犯罪行為に使用された預金口座の凍結などの手続にも関与している団体です。

2 「振り込め詐欺救済法に基づく公告」のページに移動する

預金保険機構のサイトにアクセスしたら、トップページ右側にある「振り込め詐欺救済法に基づく広告」のバナーをクリックし、振り込め詐欺救済法に基づく公告のページに移動します。

3 お金を振り込んだ口座番号などを入力し、その預金口座が凍結されているか調べる

振り込め詐欺救済法に基づく公告のページに移動したら、自分が振り込んだヤミ金が使用している銀行口座の「口座番号」や「金融機関名」、「口座の名義人」などの情報を入力して、その口座が現状でどのような状態になっているか調べます。

口座番号などを入力しても「該当するデータがありません」と表示されるようであれば、その口座はまだ健在で凍結されてはおらず、いまだヤミ金が使用している可能性が高いと言えます。

しかし、口座番号等の情報を入力して次のような表示がなされたら、その口座は既に犯罪行為に利用されていることが判明し、凍結されているということになります。

広告の
種類
対象預金口座等に係る
金融機関店舗名店舗
コード
預金等
の種類
口座番号名義人
の氏名
〇〇〇〇銀行○支店050普通*******ヤマダタロウ

 

確認方法が分からない場合

上記の説明でだいたいわかると思いますが、確認方法が分からないという人は、預金保険機構に電話で問い合わせするのが良いでしょう。

なお、預金保険機構のサイトにおける預金口座凍結方法などの問い合わせ先電話番号は、振り込め詐欺救済法に基づく公告のページの左下に表示されています。

ヤミ金が使用している銀行口座(預金口座)を凍結させる方法

ヤミ金・振り込め詐欺の被害回復分配金の支払いを申請する方法

 

タイトルとURLをコピーしました